FC2ブログ
このコンサートは演奏者が急病のため中止となりました。
また、改めて演奏会を企画し直しますので、その時には応援いただけると嬉しいです。
ご迷惑をおかけしまして大変申し訳ございません。

上尾直毅


上尾直毅・チェンバロリサイタル
 〜 17世紀フランス鍵盤音楽とその周辺 〜
 [ 午後、夜の2回公演 ]
2019年6月4日(火)

午後の部 13時30分開演 (13時開場)
夜の部  19時開演  (18時半開場)

近江楽堂 (東京オペラシティ3階)
(京王新線「初台」駅下車すぐ)
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
自由な形式で書かれた小節線のない前奏曲、トンボー(墓碑)と呼ばれる音による追悼詩など、
リュートで好まれていた様式がチェンバロ音楽に引き継がれ開花した17世紀フランス。
イタリアからの新しい様式をパリに持ちこんだ音楽家フローベルガーが若い音楽家
ルイ・クープランを刺激した痕跡など、お喋りを交えながらお楽しみ頂きたいと思います。
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
プログラム
午後の部 (13時30分開演(開場13時))
 〜 PRELUDE 〜 ルイ・クープランとその音楽

組曲イ短調
組曲ハ長調
弦楽器のためのファンタジー、サンフォニー、カリヨン
組曲ニ短調
パヴァーヌ嬰ヘ短調

[ 共演:
 荒木優子 (ヴァイオリン)
 小田切弘美(ヴァイオリン)
 和田達也(ヴィオラ・ダ・ガンバ)]

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
夜の部 19時開演
〜 TOMBEAU 〜 リュートからクラヴサンへ
J. H. ダングルベール (1635 - 91) :
  プレリュード
  スペインのフォリア(より抜粋)
  シャンボニエール氏のトンボー
  ゴーティエ氏のシャコンヌ

D. ゴーティエ(1603 - 1672) :
  ブランロシェ氏のためのトンボー
F. デュフォ(bef.1604 - bef.1672):
  ブランロシェ氏のためのトンボー
J. J. フローベルガー(1616 - 1667):
  パリで書かれたブランロシェ氏の死によせるトンボー FbWV632
L. クープラン(ca.1626 - 1661):パヴァーヌ嬰ヘ短調
J. J. フローベルガー:トッカータニ短調 FbWV102
J. J. フローベルガー:組曲イ短調 FbWV 630
   「嘆き〜憂鬱を晴らすためにロンドンで作曲」
L. クープラン:フローベルガー氏の模倣によるプレリュードイ短調
L.クープラン:組曲ヘ長調

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
全席自由席( 午後の部、夜の部、各回それぞれ )
一般前売り    : 4000円( 当日4500円 )
ペアチケット   : 7000円( 前売りのみ )
午後の部〜夜の部通し券 前売り :7000円( 当日7500円 )
学生(24歳以下):2500円
(学生券は「日本ミュゼット協会」のみのお取り扱いとなります。)

チケット予約、お問い合わせ先
日本ミュゼット協会
メール:bach1788@yahoo.co.jp  ( うえお )

松木アートオフィス(近江楽堂)
電話:03 - 5353 - 6937 (月曜日以外の10時〜17時)
FAX:03 - 5353 - 6938
メール

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

2019_06_04_recital_poster01.jpg
大きな画像

2019_06_04_recital_poster02.jpg
大きな画像



スポンサーサイト



2019-06-04 13:30 | 過去のコンサート | COM(0) |
プロフィール

日本ミュゼット協会

Author:日本ミュゼット協会
鍵盤楽器奏者
上尾直毅です。
プロフィールなどはこちら
をご覧ください。
演奏会案内は↓の
月別アーカイブから
ご希望の月をクリックしてご覧下さい。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR