上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WINDS CAFE 248 in 原宿
「女王様の命令」
〜ルネサンス期イギリス鍵盤音楽〜

2017年8月20日(日)14時開演
カーサモーツァルト
(JR山手線「原宿」駅、地下鉄千代田線「明治神宮前」下車、徒歩5分)
東京都渋谷区神宮前1丁目11−1

入場料:投げ銭式(終演後に1000円以上お願いします)

プログラム
O. ギボンズ:女王の命令
Orlando Gibbons (1583-1625) : The Queenes Command

W. バード:ネヴェル婦人のグラウンド
William Byrd (ca.1543-1623) : My Ladye Nevels Grownde

W. バード:フランシス・トリージャンのパヴァーナとガリアード
William Byrd : Pavana Ph. Tre (Francis Tregian) & Galliard)

W. バード:前奏曲とファンタジア
William Byrd  : Prelude & Fantasia

J. ブル:ファンタジア
John Bull (1562/1563-1628) : Fantasia

休憩

J. ブル:クァドラン・パヴァンとガリアード
John Bull : The Quadran Pavan & Galliard

J. ブル:ウォルシンガム
John Bull : Walsingham

チェンバロ:上尾直毅

16世紀後半から17世紀前半、エリザベス1世時代のイギリス音楽は、
大陸で台頭しつつあったバロック的音楽革命とは一線を画す流れがありました。
一時代前のルネサンス様式を保ちながら、音楽的そして演奏技術的に
頂点に向かいつつあったイギリスルネサンス期の鍵盤音楽。
その優雅で刺激的な世界をお楽しみ頂ければ幸いです。

ミ♭/レ#、  ソ#/ラ♭、  シ♭/ラ#
 が分割鍵盤になっているチェンバロを使用します。
分割鍵盤のチェンバロ



スポンサーサイト

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
プロフィール

日本ミュゼット協会

Author:日本ミュゼット協会
鍵盤楽器奏者
上尾直毅です。
プロフィールなどはこちら
をご覧ください。
演奏会案内は↓の
月別アーカイブから
ご希望の月をクリックしてご覧下さい。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。